スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国で長距離ウォーキング

「私が、まなちゃんと一緒にする仕事は、長距離ウォーキングだ」、という夢のお告げが、私の記憶のどこかに刷り込まれているらしい。
いつも、どこかで、ちり~~ん、ちり~~んと記憶の音が響くのである。

3年前ほどになろうか、こんな夢を見た。

北イギリスにはとても有名な長距離ウォーキングの道がある。
ウェイン・ライトと言う人が作った、「コースト ツー コーストCoast to Coast」
西海岸にあるSt.BEE(聖ビー)から東側の海岸ロビンフッドベイまでの英国横断フットパスである。

そのゴールのロビンフッドベイに到達して、2人で、「やった~~、やったぁ~」と感極まって、涙ながらに喜び合っている姿である。
朝目覚めても、とても鮮やかに覚えていたので、そのことを彼女に告げた。
その時、彼女は、「まぁ、会社を辞めたらできるかもね・・・」と返信してくれた。

このCoast to Coastは、英国では、人気のコースで総距離190マイル/304Kmの長距離トレッキングのコースである。遠くアメリカからもたくさんのウォーカーが毎年やってくる。
自分自身の精神と肉体へのチャレンジの場面にたくさん出会う旅だ。

私は、1回でではないが、数回に分けて(3日間、一挙に、その後一日ずつ、何回か、そして一挙に1週間ぶっ通しでゴールまで到達)このコースを歩いた。地図の読み方などいろいろ教わった。ちょっとしたミスが、とんでもなくエクストラマイルを歩かなければならなくなる。クリストファーが歩きのベテランなので、彼のリードの元を歩いたので、ただついていっただけで、ラクチンだったが。

長距離を歩いたことなんかなかった私には、大きなカルチャーショックだったことにはまちがいない。
目からうろこ、状態だった。

そのコースト ツー コーストのコースを日本人のグループにやっている夢を見たのだった。
日本側でツァーを組んで、英国までコーディネートしてくれる役が、夢の中では、
「まなちゃん」、その人だった。

いつ実現するのか、楽しみだったのだが、それがちょっと形を変えていよいよ実現しそうである。
まなちゃんの来年の計画が暗礁に乗り上げて、それがきっかけで、5月のゴールデンウィークに英国に来ようかな・・・という話があがったのだ。

でも私の中には5月は湖水地方のウォーキングツァーをやろうと思っていたので、「来年の5月は湖水地方のツァーを考えているけれど」とメールした。
その後、2人のエネルギーが、一緒にウォーキングツァーのコーディネートと言う形で動き出したのだ。
しかし、時間空間を越えての思いは、しばしば、2人を離してしまうようだ。
私のイメージの中では、湖水地方は1箇所滞在型のコースというのが出来上がっていたからだ。
そして、来年用の素敵なコテージも見つけていたのだ。
それを、手放してゼロから考え直さなければいけなかった。

とりあえず、1箇所滞在型で行うツァーか、毎日リュックを背負って、宿から次の宿へ向かって歩いて行く、トレッキングタイプか、決めなくてはならない。
(*大きな荷物は業者に依頼して、宿へ運んでもらう)

はっきりしない状態で、何か企画するのは意外と難しいものだ。
でも、コスト面、ウォーキング。トレイルなどの状態などを調べていくうちに、自分の心がしっかり長距離ウォーキングをしたい、と言う風になってきているのを、ひしひしと感じた。

まなちゃんもとてもパワフルな直感人間である。
そして、実務もしっかりできる、才媛だ。
2人で、「あぁ~~~、こぉ~~~だ」いいながら、だんだん形が見えてきた。

やはり、2人でツァーを行うなら、トレッキングツァーになるのは至極当然な感じになってきた。
湖水地方にはカンブリア道という、そんなに長くはないが1週間くらいでできるトレッキングコースがあるのだ。
しかし・・・だ。
コストが、高いのである。
一人700ポンドと思っていたのが、とんでもなく、一人1000ポンド以上してしまう。安い宿に宿泊しながらと思っても、コストに乗せなければ、目に見えない個人負担が増えるだけだ。
どうせやるなら、よい質のツァーを組みたい。
英国をよく見てもらって、「ココが変だぞ、イギリス!」や「ここが素敵なイギリス」などと、
身体全体でイギリスを味わってもらいたいのだ。
英国は歩かずしては語れないのだ。

続・・・・





スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

ゆったりフィンドホーン

2008年5月11日(日)~17日(土)
ゆったりフィンドホーン
Spiritual Awareness

シャンバラ





またまた。、フィンドホーンでのコースです

モーレイ湾のほとりに建つこの美しい家がシャンバラ・トラストです。
その昔はミントンハウスといいました。ピンクの家だったのですが、その後、アメリカ人ファミリーに買い取られ、そしてまた昨年トーマスとマリスの二人が買い取り、フィンドホーンコミュニティーに戻ってきました。シャンバラトラストは、仏教系のグループですが、日本の仏教のそれとは、趣がことなり、自由な環境のもと、スピリチュアル。プラクティスを実践しています。このすばらしい環境の中で、コースを行うことになりました。

大自然の懐に抱かれて、ゆったりと、自己を探求の旅を行います。

心と身体の一体感を感じていけるように無理なく1週間をプログラムしました。エクササイズや瞑想を通して自己の観性をもっと磨きましょう。

5月11日(日曜日)シャンバラトラストにおけるテーゼの会に参加することから、プログラムはスタートします。現地集合現地解散ですが、旅程につきましては、お気軽に相談ください。
この前週に日本語での体験週間があります。

参加費 \160,000(現地集合・現地解散)コース費、宿泊6泊7日、
食事(朝食6回、昼食5回夕食6回)込み
宿泊はシェアーが基本ですが、ひとり一日15ポンドの追加で個室を申し込むことができます。
(*シェアリングの部屋はそれぞれ広く、海に面していて、眺めが最高です!)

定員:10名(参加者が8名以上の場合金額がさがります。)
申し込み締め切り:2008年4月11日

申し込み先:ゴーント邦江 TEL/FAX : 01609-883075
             メール:kunie_hst@hotmail.com
4 West End Osmotherley Northallerton
             North York DL6 3AA UK

フィンドホーンのエッセンスを伝えたい♪~

7月12日の出発が目前に迫ってきている。
ここのところ、行事がたくさんで、あっという間に日にちがたってしまったような気がする。

ふと気づくと、今日、今、このとき・・・・

今回の第一の目的は、北軽井沢にあるカフェフルールさん広瀬尚子さん主催のフィンドホーンミニ体験親子キャンプをすることだ。

順調に参加者が集まりつつあるよう。でもまだ余裕があるので募集中である。http://www.h5.dion.ne.jp/~fleur/main.htm
興味のある方はぜひ上記のHPでみてみてくださいな。

今回は、友人が主催してくれる、他のミニワークショップもある。
~~~~☆~~~~☆~~~~~~☆~~~~~☆~~~~
7月21日(土)10:00~12:00(開場9:45)
練馬文化センター 
セイクリッドダンスをとおして、フィンドホーンを体験☆
定員にまだ若干余裕はあります。
たくさんの方々と手をつなぎあい、フィンドホーンの体験をシェアしたいと思っている。



7月14日と7月21日の2部はおかげさまで満員になってしまったようだ・・・・


そして、私の故郷の仙台での中心氣康のレクチャ~

これは東北電力が主催の地元住民に貢献するプログラムのひとつである。
氣康をすることによって、免疫力を高め暑い夏を楽しもう!というものである。

今のところ順調に申し込みがきているようである。最終的には抽選だそうだ。

7月28日(土)太白区文化センターらららホール2階リハーサル室
心のリフレッシュ☆フィンドホーン生まれのセイクリッドダンスをご一緒に!こちらも申し込みを受付中だ。

仙台の皆さん、この機会をお見逃しなく。


申し込みは私の姉である三塚妙子までメールで問い合わせてください
staen27@ymail.plala.or.jp
もしくは電話は、小島美樹ちゃん090 2369 8162

参加費は練馬のセッションも仙台のセッションも¥2000とかなり低く抑えた。




8月12日 14:30~18:00

フィンドホーンミニ体験セイクリッドダンス イン 横浜 ♪

会場は横浜中区山手町13-4 ヒーリングハウスHAPUNA
この主宰者の方は今年の3月にフィンドホーンにこられた。
そこでの縁でこうやって企画してくれた。
時間の余裕があるので、セイクリッドダンスだけではなく、フィンドホーンならではのゲームシェアリングなども取り入れて楽しんでいただこうと思っている。

参加費は¥3000

申し込みは、電話で045 641 7085
彼女のHPはhttp://www.h7.dion.ne.jp/~hapuna/

たくさんの新しい出会いと再開を期待してる。

暑い日本に涼しい風を運んでいくぞ~~~





s-j0222555.jpg


s-2007_0627FarSawrey0040.jpg

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

フィンドホーン

スコットランドの北はずれ、フィンドホーンの海はとても荒い。
そしてとても強い。
ざぶ~~んざぶ~~んと押し寄せる波、
引く力、押す力が交差していて海の強さ、パワーを腹のそこから感じる。フィンドホーンビーチの石たちは、そんなわけで、どれもまぁるい。そして、色とりどり。
その上浄化の力が強くて、エネルギーはとても強い。
波動測定器にかけたら最高値が出たそうな。(8年~9年前は21が最高だったんだけど、いまは、変わったかな?)
20070222222805.jpg


この海は、どこまでもつながっている。そうそう、日本までも水続き。


宇宙


この美しい色は、宇宙の航路をイメージしている。
太陽を中心にたくさんの星たちがぶつからないように、うまく回っている、天体は本当に数学の世界だなと、(ん?逆?)思う。

この美しいネイチャーサンクチュアりーのあるフィンドホーンでワークショップを行います。
3月24日(土)~31日(7泊8日)フィンドホーンクルニーヒルカレッジ滞在です。
参加者を募集しています。
詳細は下記のURLでチェックしてください

www.wellness-hst.com

tag : スピリチュアル スコットランド パワースポット フィンドホーン ワークショップ情報 愛について

瞑想

アンブルサイド


瞑想
毎朝、瞑想しています。
このひと時は、感謝のときです。
水の流れのように、とうとうと流れ来るエネルギーを流しています。
そして、浄化し、活力を
曇りのない眼で世の中を見つめたい。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

tag : 自己を知る スピリチュアル 愛について

プロフィール

ゴーント邦江

Author:ゴーント邦江
HST中心氣康☆瞑想☆ホリスティック・ワークショップ
精神世界を楽しく謳歌中。
スコットランドにあるフィンドホーン財団に5年住み、現在、北英国ノースヨーク州在中。
夫とともに瞑想会をリードしたり、氣康ヒーリングセッション・スペースをオープン。
Wellness HST

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。