スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンドホーンへ行こう Let's go to Findhorn

風かおる5月~~フィンドホーンでリトリート
5月11日日曜日~17日土曜日(現地集合解散)

そうそう、大事なことを書かなくては!
この,フィンドホーンでリトリートの前にフィンドホーン体験週間のツァーがあります。
宇宙

このツァーは、成田発着でその上一流の通訳がついています。
通訳者はベテランの渡邉雅子さん。
笑顔のかわいい、とてもおちゃめな、スピリチュアル通訳者。

ですから、海外旅行に不慣れな方も安心して参加できます。
詳細は下記をクリックしてください。
http://www.h5.dion.ne.jp/~fleur/main.htm

今回のオーガナイザーは広瀬麻奈さん。
上記のWEBページ、カフェフルールのオーナーの広瀬尚子さんの愛娘。
今回は彼女が陣頭指揮で、このツァーを実行いたします。
5月1日成田発5月12日成田着

フィンドホーンについては、http://www.findhorn.org
あるいは、私のWEB
ウェルネスHST
をごらんください。

そして、体験週間を体験してから、私のワークショップ
フィンドホーンでリトリートに参加してください。
2週間以上も休みが取れないわ・・・という方はぜひこのリトリートのコースのみに参加ください。
交通の手配から前泊の手配など手伝わせていただきますので、ご安心ください。

たくさんのコメントをお待ちしてます




スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : 心と身体

フィンドホーンでリトリート Retreat at Findhorn

フィンドホーンでリトリート
スピリチュアル・アウェアネス
2008年5月11日(日)~17日(土)
シャンバラからの夕日

シャンバラの敷地内から撮影した夕日↑↑


未知なる自分との出会い


パワフルに成長し続けるフィンドホーン・コミュニティーの一員であります、シャンバラリトリートをベースに、自分探求の旅、スピリチュアル・アウェアネスのコースを行います。

私がフィンドホーンでフォーカライザーを行っていたころ、大好きだったスピリチュアル・プラクティスの変形バージョンです。

忙しい生活の中、ちょっと立ち止まって、一呼吸しましょう。
このコースは、リラックスすることにより、意識的に自分とつながりあうようにプログラムしてあります。守られた聖なる場で、瞑想やエクササイズを通して、コミュニティーでの生活を体験しながら、自分自身の成長を見てみませんか?

シャンバラ・トラストはフィンドホーン湾の岸辺に立つ美しい館です。
フィンドホーンの海のエネルギーが、木々の精霊があなたの成長に一役買ってくれることでしょう。

詳細はhttp://www.wellness-hst.com

なおこの前週に、日本語フィンドホーン体験週間(成田集合解散)があります。
オーガナイザーは広瀬麻奈さんです。
詳細は、http://www.h5.dion.ne.jp/~fleur/main.htm

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

ゆったりフィンドホーン

2008年5月11日(日)~17日(土)
ゆったりフィンドホーン
Spiritual Awareness

シャンバラ





またまた。、フィンドホーンでのコースです

モーレイ湾のほとりに建つこの美しい家がシャンバラ・トラストです。
その昔はミントンハウスといいました。ピンクの家だったのですが、その後、アメリカ人ファミリーに買い取られ、そしてまた昨年トーマスとマリスの二人が買い取り、フィンドホーンコミュニティーに戻ってきました。シャンバラトラストは、仏教系のグループですが、日本の仏教のそれとは、趣がことなり、自由な環境のもと、スピリチュアル。プラクティスを実践しています。このすばらしい環境の中で、コースを行うことになりました。

大自然の懐に抱かれて、ゆったりと、自己を探求の旅を行います。

心と身体の一体感を感じていけるように無理なく1週間をプログラムしました。エクササイズや瞑想を通して自己の観性をもっと磨きましょう。

5月11日(日曜日)シャンバラトラストにおけるテーゼの会に参加することから、プログラムはスタートします。現地集合現地解散ですが、旅程につきましては、お気軽に相談ください。
この前週に日本語での体験週間があります。

参加費 \160,000(現地集合・現地解散)コース費、宿泊6泊7日、
食事(朝食6回、昼食5回夕食6回)込み
宿泊はシェアーが基本ですが、ひとり一日15ポンドの追加で個室を申し込むことができます。
(*シェアリングの部屋はそれぞれ広く、海に面していて、眺めが最高です!)

定員:10名(参加者が8名以上の場合金額がさがります。)
申し込み締め切り:2008年4月11日

申し込み先:ゴーント邦江 TEL/FAX : 01609-883075
             メール:kunie_hst@hotmail.com
4 West End Osmotherley Northallerton
             North York DL6 3AA UK

親子参加型のワークショップ

親子で参加できるスピリチュアル系のワークショップを考えている。

精神世界の探訪を親子で体験していけるもの。
今年の夏に、軽井沢で行なった。
フィンドホーンのエッセンスをたくさん取り入れて和気藹々の3泊4日だった。
たくさんの笑いと涙があった。親子で有りながら気づかないお互いのすばらしい部分を見せ合って、もりだくさんの内容だったように思う。

親子キャンプ集合

来年もこの経験を生かそうと思っていたのだが、主催者の方がちょっと具合が悪くなり、体調に自信がもてなくなり、来年は彼女の意思を次ぐ人を捜さなければならないようだ。

その話を聞く前に・・・

11月16日から1週間スコットランドにあるダーナコーサというリトリートセンターに行くので、行きかたを調べていた。
そして、そのダーナコーサのHPから、そこでのいろいろなワークショップの内容を知った。
目を引いたのが家族で参加のコースが2008年分がすでに満員なのだ。

そういえば、フィンドホーンでも家族用のプログラムの回数が増えている・・・
今の世の中こういうプログラムを必要としている人達がたくさん居るんだ。
っと再確認したばかりだった矢先に「来年はできないわ~」という話。

ちょっとがっくり。

でも神様が私にくれたこと・・・・
誰かが名乗り出てくれるだろう・・・・
そして、今年作ったこの石杖を育てていけるだろう。
宇宙のエネルギーにゆだねてみよう。
ロビン

こつこつと小さなめを育てよう。

ありがとう
今日も元気だ~

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

tag : スピリチュアル ワークショップ情報

プロフィール

ゴーント邦江

Author:ゴーント邦江
HST中心氣康☆瞑想☆ホリスティック・ワークショップ
精神世界を楽しく謳歌中。
スコットランドにあるフィンドホーン財団に5年住み、現在、北英国ノースヨーク州在中。
夫とともに瞑想会をリードしたり、氣康ヒーリングセッション・スペースをオープン。
Wellness HST

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。