スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国で長距離ウォーキング

「私が、まなちゃんと一緒にする仕事は、長距離ウォーキングだ」、という夢のお告げが、私の記憶のどこかに刷り込まれているらしい。
いつも、どこかで、ちり~~ん、ちり~~んと記憶の音が響くのである。

3年前ほどになろうか、こんな夢を見た。

北イギリスにはとても有名な長距離ウォーキングの道がある。
ウェイン・ライトと言う人が作った、「コースト ツー コーストCoast to Coast」
西海岸にあるSt.BEE(聖ビー)から東側の海岸ロビンフッドベイまでの英国横断フットパスである。

そのゴールのロビンフッドベイに到達して、2人で、「やった~~、やったぁ~」と感極まって、涙ながらに喜び合っている姿である。
朝目覚めても、とても鮮やかに覚えていたので、そのことを彼女に告げた。
その時、彼女は、「まぁ、会社を辞めたらできるかもね・・・」と返信してくれた。

このCoast to Coastは、英国では、人気のコースで総距離190マイル/304Kmの長距離トレッキングのコースである。遠くアメリカからもたくさんのウォーカーが毎年やってくる。
自分自身の精神と肉体へのチャレンジの場面にたくさん出会う旅だ。

私は、1回でではないが、数回に分けて(3日間、一挙に、その後一日ずつ、何回か、そして一挙に1週間ぶっ通しでゴールまで到達)このコースを歩いた。地図の読み方などいろいろ教わった。ちょっとしたミスが、とんでもなくエクストラマイルを歩かなければならなくなる。クリストファーが歩きのベテランなので、彼のリードの元を歩いたので、ただついていっただけで、ラクチンだったが。

長距離を歩いたことなんかなかった私には、大きなカルチャーショックだったことにはまちがいない。
目からうろこ、状態だった。

そのコースト ツー コーストのコースを日本人のグループにやっている夢を見たのだった。
日本側でツァーを組んで、英国までコーディネートしてくれる役が、夢の中では、
「まなちゃん」、その人だった。

いつ実現するのか、楽しみだったのだが、それがちょっと形を変えていよいよ実現しそうである。
まなちゃんの来年の計画が暗礁に乗り上げて、それがきっかけで、5月のゴールデンウィークに英国に来ようかな・・・という話があがったのだ。

でも私の中には5月は湖水地方のウォーキングツァーをやろうと思っていたので、「来年の5月は湖水地方のツァーを考えているけれど」とメールした。
その後、2人のエネルギーが、一緒にウォーキングツァーのコーディネートと言う形で動き出したのだ。
しかし、時間空間を越えての思いは、しばしば、2人を離してしまうようだ。
私のイメージの中では、湖水地方は1箇所滞在型のコースというのが出来上がっていたからだ。
そして、来年用の素敵なコテージも見つけていたのだ。
それを、手放してゼロから考え直さなければいけなかった。

とりあえず、1箇所滞在型で行うツァーか、毎日リュックを背負って、宿から次の宿へ向かって歩いて行く、トレッキングタイプか、決めなくてはならない。
(*大きな荷物は業者に依頼して、宿へ運んでもらう)

はっきりしない状態で、何か企画するのは意外と難しいものだ。
でも、コスト面、ウォーキング。トレイルなどの状態などを調べていくうちに、自分の心がしっかり長距離ウォーキングをしたい、と言う風になってきているのを、ひしひしと感じた。

まなちゃんもとてもパワフルな直感人間である。
そして、実務もしっかりできる、才媛だ。
2人で、「あぁ~~~、こぉ~~~だ」いいながら、だんだん形が見えてきた。

やはり、2人でツァーを行うなら、トレッキングツァーになるのは至極当然な感じになってきた。
湖水地方にはカンブリア道という、そんなに長くはないが1週間くらいでできるトレッキングコースがあるのだ。
しかし・・・だ。
コストが、高いのである。
一人700ポンドと思っていたのが、とんでもなく、一人1000ポンド以上してしまう。安い宿に宿泊しながらと思っても、コストに乗せなければ、目に見えない個人負担が増えるだけだ。
どうせやるなら、よい質のツァーを組みたい。
英国をよく見てもらって、「ココが変だぞ、イギリス!」や「ここが素敵なイギリス」などと、
身体全体でイギリスを味わってもらいたいのだ。
英国は歩かずしては語れないのだ。

続・・・・





スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ゴーント邦江

Author:ゴーント邦江
HST中心氣康☆瞑想☆ホリスティック・ワークショップ
精神世界を楽しく謳歌中。
スコットランドにあるフィンドホーン財団に5年住み、現在、北英国ノースヨーク州在中。
夫とともに瞑想会をリードしたり、氣康ヒーリングセッション・スペースをオープン。
Wellness HST

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。