スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖水地方の文学者達 1

湖水地方

ウィリアム・ワーズワース(1770~1850)
ビアトリクス・ポター(1866~1943)
そして、ウォーカー達には神のような?存在のアルフレッド・ウェインライト(1907~1981)

2人は日本ではとても有名。ワーズワースはロマン派詩人として、ビアトリクス・ポターはもちろんピーターラビットの作者として。しかし、ウェインライトはどうだろうか?
トレッカーの中では、特にイギリスを歩いた人たちには、知られていることだろうと確信している。
なぜか、今イギリスでは新たなウェインライトのブームが起きているようだ。

彼らはこよなく、北イギリスの湖水地方を愛した人たちだ。
ウエインライトなどは、この地の隅から隅まで書きとどめようとしたのではないかと思われるほどのデッサンとメモを残している。


ここにワーズワースの守護鳥としてのかっこーの歌がある



TO THE CUCKOO

O BLITHE New-comer! I have heard,
I hear thee and rejoice.
O Cuckoo! shall I call thee Bird,
Or but a wandering Voice?


While I am lying on the grass
Thy twofold shout I hear,
From hill to hill it seems to pass,
At once far off, and near.


Though babbling only to the Vale,
Of sunshine and of flowers,
Thou bringest unto me a tale
Of visionary hours.


Thrice welcome, darling of the Spring!
Even yet thou art to me
No bird, but an invisible thing,
A voice, a mystery;

おお、陽気な訪問者よ! 
私は確かにあなたの声を聞いた
あなたの歌を聞き、わたしは喜びにみたされる
おお、カッコー!あなたが鳥であろうはずはない
さまよえる聖なる声ではないのか?

みどりなす草のうえに横たわって
二重のさけび声をわたしは聞く
丘から丘へとその歌は通り過ぎる
或るときは遠く、或るときは近く

ただ谷間へとあどけなくも呼びかけるが
太陽の光にみち、花々のかおりにみち
あなたはわたしに、秘密の物語をかたるかのように
地上を離れた想像の時をもたらす

みたび歓迎の言葉を、
春の最愛なるあなた!
わたしにとって、あなたはまさに
鳥ではなく、姿無き存在
その霊妙な声は神秘の精髄そのものだ

(すべてが私の訳ではありません。ちょこっと変えました)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ゴーント邦江

Author:ゴーント邦江
HST中心氣康☆瞑想☆ホリスティック・ワークショップ
精神世界を楽しく謳歌中。
スコットランドにあるフィンドホーン財団に5年住み、現在、北英国ノースヨーク州在中。
夫とともに瞑想会をリードしたり、氣康ヒーリングセッション・スペースをオープン。
Wellness HST

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。